FC2ブログ

雲州窯 作陶三昧日記

毎日、毎日、土と、にらめっこしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

金彩の花入れ

金の上絵付けをした花入れ
窯たきの記録を見るとなんと8年ぶりに金彩をしました。自分でもびっくりです。
これも雲州窯っぽいんですけど、どうでしょうか。

575トランプ 584金彩花入れ

トランプ柄の花入れです。正面と斜め上から写しています。

 

        590花入れラクダ 

        592花入れラクダ

耳をつけていたら、イスラムのモスクの形?
なんで・・・  ラクダを絵付けしてみました。 抑えた感じの金がよかったかなと・・・ 

 

579花入れラクダ  581花入れラクダ

こっちは、マッシュルームですかね

 

 

 








スポンサーサイト

PageTop

刷毛目の平皿、新作です。

4月も最終日。世の中、連休の真っ只中。
お天気もいいし、 お出掛け日よりですが、この10年連休はいつも展示会
雲州窯の工房での展示が恒例になっています。

きのう、最後の窯出しをしました。
刷毛目やイッチンの明るい色合いの器です。

565刷毛目平皿

566刷毛目平皿 

567刷毛目平皿 

564刷毛目平皿

青、白、ピンク、時々黄色が思いがけず、あざやかに澄んだ色が出ると嬉しくなります。

 

平皿 

569平皿 

緑色の平皿です。上2枚の写真は同色の形違いです。実物はもうすこし明るい緑です。雲州窯を始めた頃からの釉薬ですが、なかなか使いこなせない釉薬で、たくさんはできません。

今回もボツのしたものが多々ありましたが、次の課題ということで、やっと作品がそろいました。
工房の中をかたづけて、展示の準備を始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 




PageTop

昨日、窯出しした器です。

昨日、窯からだしたのは、普段使いの器です。
いつもと違う形と色で遊んでみました。

546足付き変形皿 

557足付き平皿 

552角皿 

553刷毛目丸鉢 

556刷毛目 

550鉄灰花入れ 

こんな陶器ができました。

下から2枚目の写真の小鉢にはピンクと黄色の刷毛目がしてあります。黄色がきれいなのですが、うまく写ってなくて残念です。

最後の模様の入った花入れは表面がざらざらした肌をしています。雲州窯独自の焼きだと思っています。

 

 

 

 

 




  

PageTop

窯たきなのに、暴風雨警報がでています。

暴風雨警報が出ていたので、気が気じゃなかったのですが、さほど荒れはしないようす。
1番小さい窯ですが、とにかく、焚かなければということで、朝からやきあがったものを窯出しして、次を入れてという具合で、続けて窯たきしています。

雲州窯の展示会まで、後1週間ほどで、おちつきません。
今回展示する陶器を何点かずつ、紹介していこうとおもいます。

453手付き焼き〆鉢 
 焼き〆の菓子鉢ですが、お茶席でも使っていただけるのではないかとおもいます。
 良い焼きだとおもっています。



438手付き角皿 
 焼き〆の長角皿。




511手付き焼き〆花入れ   
 透かしの入った焼〆の花入れです。






画像をクリックしてください。大きくなります。


PageTop

雲州窯 展示会まであと8日

 工房の入り口にある、お隣のつつじが満開です。
連休に合わせて咲いてくれたらと思うのに、ままなりません。
近くの斐川公園も見ごろだろうと思うのですが、毎年タイミングを逃しています。

今年の雲州窯の展示会は「食卓を彩る器展」
お気に入りの器がひとつ加わるといつものテーブルが楽しくなる。  そう、感じてもらえたらと・・・

P1000436炭化鉢 
トンボの文様の入った炭化の鉢です。炭を入れて焼いた品です。

蓋物 
イッチンで文様を入れた焼〆の蓋物です。

P1000508平皿
焼き〆の楕円の平皿。

3点とも釉薬をかけていません。登り窯でやいています。


PageTop

雲州窯 展示会の案内ができました

展示会ご案内 
やっと ハガキの案内ができました 変形の平皿や刷毛目の小鉢は まだこれから焼く品もあるのでうまくいくか 
ちょっと心配です

案内図

PageTop

展示会の準備で大忙しです

5月の連休 3日から4日まで自宅の工房で展示会をします
毎年のことで春の展示は今年で12年めです
いつも、ギリギリまであがいています

今回も あと2回小さな窯をたきます

090420 
登り窯で焼いた足付きの作品です
ワインクーラーにでもできる大きさです 
白のイッチンで模様が入っています 画像をクリックしてください 拡大画面になります
 

PageTop

陶器もいろいろ

雲州窯の陶器はいろいろ
展示会の度にひとつずつ増えていきました

     ピンク切り絵の鉢       
     春らしいチョウの図柄の鉢

     呉須の丸鉢 
     呉須の小ぶりの丸鉢 中はイッチンで模様がはいっています

             松灰の丸鉢 
     松の灰だけを釉薬としてかけた丸鉢 ぐるりにイッチンで模様がはいっています

     炭化花入れ 
             炭といっしょに焼いた角の花入れ 窯の中で変化しています

     

PageTop

島根の窯元 雲州窯です

初めてのブログです。
島根県の出雲地方、斐川町に雲州窯という工房をもつ陶器の窯元です。
工房での展示会が中心ですので、なかなか作品を見ていただく機会がありません。
そこで、思いついたのですが、なにせ ブログとはなにか からのスタートです。 

あたたかく見守っていただけるとありがたい。 
 ゆっくりいこうとおもいます。
P1000048ブログはじめまして


ずいぶん大きな写真になりましたが、工房の展示スペースの様子です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。