FC2ブログ

雲州窯 作陶三昧日記

毎日、毎日、土と、にらめっこしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

窯焚きは雨降り

10月25、26日雨の日の窯焚きになりました。
焚き始めて10時間位、窯の中の温度は1200度を超え、本格的な焼成に入り、窯焚きも熱い思いをする。

P1030011.jpg

P1030017.jpg

この後、油断のできない状況、窯から目が離せない時間が続く。

スポンサーサイト

PageTop

H22の登り窯の窯詰め

H22年今年も登り窯をたきます。窯詰めの様子を1度にご紹介します。
雲州窯の登り窯2部屋。窯詰めに2週間かかります。
手前の部屋から、火袋と呼んでいますが、窯詰めにかかります。
以下、棚板を組んで順々に作品を並べていく様子です。
火袋は釉薬を掛けない焼き締めのみです。


P1020886.jpg

P1020890.jpg

P1020894.jpg

P1020897.jpg

P1020899.jpg

P1020900.jpg

P1020917.jpg

P1020920.jpg

P1020921.jpg

P1020945.jpg

P1020946.jpg

P1020948.jpg

P1020949.jpg

P1020952.jpg

P1020955.jpg

P1020963.jpg

P1020966.jpg

P1020970.jpg

P1020978.jpg

P1020986.jpg

窯の扉を閉めて窯詰め終了。25日からの窯焚きをまちます。
下の写真は準備の整った窯場。薪も窯の両脇に積上げて。

P1020987.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。