FC2ブログ

雲州窯 作陶三昧日記

毎日、毎日、土と、にらめっこしています

2017秋登り窯5

10月30日登り窯窯出し。窯焚きに続き、今回も台風の心配をしましたが、これも辛うじて、通り過ぎて雨もやみ、予定通りの窯出しとなりました。

P1010941.jpg

P1010935.jpg

P1010973_20171113111321c7b.jpg

P1010987.jpg

窯の中の様子です。
IMG_7382.jpg

IMG_7392.jpg

IMG_7395.jpg

IMG_7412.jpg

IMG_7416.jpg

 

スポンサーサイト

PageTop

2017秋登り窯4

窯焚き当日 台風到来に延期しようか、最後まで迷っていましたが、台風が前日に通り過ぎ、吹き返しの風もさほどではなく、無事、窯に火を入れました。
P1010887.jpg

P1010902.jpg

P1010919.jpg

PageTop

2017秋登り窯3

登り窯の窯詰め、後ろの部屋は一の間と呼んで、棚を組んで、釉薬物を入れています。写真右手の.丸や四角の容器はサヤと言って雲州窯では炭化の作品を焼いています。

IMG_7297.jpg

IMG_7301.jpg

IMG_7333.jpg

PageTop

2017秋登り窯2

登り窯の窯詰め 
火袋から始めます。
今回は焼き締めのみ 花入れなど二度焼きするものもあります。
色の濃くみえる物が二度焼きするもの。
三度目の窯入れをするものもあります。

IMG_7252.jpg
IMG_7258.jpg
IMG_7256.jpg
IMG_7261.jpg
IMG_7262.jpg
IMG_7263.jpg
IMG_7264.jpg
IMG_7265.jpg
IMG_7266.jpg
IMG_7267.jpg
IMG_7268.jpg
IMG_7269.jpg
IMG_7272.jpg

PageTop

2017秋登り窯

2017年今年も登り窯を焚きます。
9月下旬から窯詰めに入りました。
手前の部屋から始めます。火袋と呼んでいる部屋で焼き締めを入れています。
焼き締めとは釉薬を掛けない焼物の事、例えば備前焼きとかを想像して下さい。
写真左側が登り窯の手前の部屋(火袋)の開口部です。
中に棚板を組んで素焼きした物を並べています。

P1010835.jpg

PageTop