FC2ブログ

雲州窯 作陶三昧日記

毎日、毎日、土と、にらめっこしています

登り窯展が終わりました。

3日間の展示会でしたが、たくさんの方に来ていただきました。
雲州窯は春と秋、2回の展示会をメインに作陶を続けています。
なかなか、遠方の方に見て頂く機会のないのが、残念ですが、普段、同じ工房で仕事に励んでおりますので、お気軽にお立ち寄りください。

ありがとうごさいました。

PageTop

登り窯展の準備中です。

11月の21日からの登り窯展はいつも作陶をしている工房を片つけて、部屋いっぱいに作品を並べます。今日の工房の様子。

P1030225.jpg

P1030226.jpg

P1030280.jpg

P1030281.jpg

PageTop

H22登り窯展のご案内

11月21日から23日まで今回の登り窯作品を中心に雲州窯の工房で恒例の展示会をします。
どうぞ、お気軽にお出掛けください。
H22工芸巡りちらし

PageTop

開窯25周年作陶展準備中


2日がかりの陳列になりました。
作品はほぼ、並べ終えて。

P1020511.jpg

夜中には雷がなり、朝8時頃には、あられが降りました。
寒い1日でした。
工房前のつつじは日当たりが良いせいか、ほぼ、満開。
P1020507.jpg

下の写真は近くの斐川公園の様子です。
つつじの名所なのですが、いま、3分咲きくらい。
まだ、ちょっと早いようです。


P1020516.jpg

PageTop

開窯25周年作陶展の準備作業に入りました。

雲州窯の工房での展示即売会です。
点数はもちろんですが、種類が多いので、並べるだけでも、大変です。
今日からいつもの作業場を片づけて、展示を始めました。

P1020506.jpg

雲州窯5月の連休恒例の展示会は1日から5日までご案内は雲州窯のホームページ
開窯25周年作陶展

展示作品は4月13日以降、このブログで紹介しています。

PageTop

雲州窯工房から

24日に載せたトンボの変形鉢の焼き上がりです。

P1020478.jpg

P1020499.jpg

雲州窯5月の連休恒例の展示会は1日から5日までご案内は雲州窯のホームページ
開窯25周年作陶展

PageTop

登り窯展終わりました

雲州窯にとって大きなイベント雲州窯登り窯展が終わりました。
大不況の中、どうなるだろうかと心配していましたが、お天気にも恵まれ、たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。

P1010670.jpg

P1010676.jpg

P1010674.jpg

PageTop

雲州窯登り窯展、ひかわ野工芸巡り始まります

明日から雲州窯の工房で登り窯展です。
ご案内は雲州窯のホームページでどうぞ
アドレスは
http://www.unsyuugama.com
展示もなんとか出来上がりました。
どうぞ、お出掛けください。
P1010665.jpg

P1010640.jpg

P1010641.jpg

P1010639.jpg

P1010649.jpg

P1010647.jpg

P1010650.jpg

P1010653.jpg

P1010652.jpg

P1010667.jpg

PageTop

刷毛目の平皿、新作です。

4月も最終日。世の中、連休の真っ只中。
お天気もいいし、 お出掛け日よりですが、この10年連休はいつも展示会
雲州窯の工房での展示が恒例になっています。

きのう、最後の窯出しをしました。
刷毛目やイッチンの明るい色合いの器です。

565刷毛目平皿

566刷毛目平皿 

567刷毛目平皿 

564刷毛目平皿

青、白、ピンク、時々黄色が思いがけず、あざやかに澄んだ色が出ると嬉しくなります。

 

平皿 

569平皿 

緑色の平皿です。上2枚の写真は同色の形違いです。実物はもうすこし明るい緑です。雲州窯を始めた頃からの釉薬ですが、なかなか使いこなせない釉薬で、たくさんはできません。

今回もボツのしたものが多々ありましたが、次の課題ということで、やっと作品がそろいました。
工房の中をかたづけて、展示の準備を始めています。

 

 

 

 

 

 

 

 




PageTop

窯たきなのに、暴風雨警報がでています。

暴風雨警報が出ていたので、気が気じゃなかったのですが、さほど荒れはしないようす。
1番小さい窯ですが、とにかく、焚かなければということで、朝からやきあがったものを窯出しして、次を入れてという具合で、続けて窯たきしています。

雲州窯の展示会まで、後1週間ほどで、おちつきません。
今回展示する陶器を何点かずつ、紹介していこうとおもいます。

453手付き焼き〆鉢 
 焼き〆の菓子鉢ですが、お茶席でも使っていただけるのではないかとおもいます。
 良い焼きだとおもっています。



438手付き角皿 
 焼き〆の長角皿。




511手付き焼き〆花入れ   
 透かしの入った焼〆の花入れです。






画像をクリックしてください。大きくなります。


PageTop

雲州窯 展示会まであと8日

 工房の入り口にある、お隣のつつじが満開です。
連休に合わせて咲いてくれたらと思うのに、ままなりません。
近くの斐川公園も見ごろだろうと思うのですが、毎年タイミングを逃しています。

今年の雲州窯の展示会は「食卓を彩る器展」
お気に入りの器がひとつ加わるといつものテーブルが楽しくなる。  そう、感じてもらえたらと・・・

P1000436炭化鉢 
トンボの文様の入った炭化の鉢です。炭を入れて焼いた品です。

蓋物 
イッチンで文様を入れた焼〆の蓋物です。

P1000508平皿
焼き〆の楕円の平皿。

3点とも釉薬をかけていません。登り窯でやいています。


PageTop

雲州窯 展示会の案内ができました

展示会ご案内 
やっと ハガキの案内ができました 変形の平皿や刷毛目の小鉢は まだこれから焼く品もあるのでうまくいくか 
ちょっと心配です

案内図

PageTop